財務大臣・粟田口十三の大臣室はここ!ドラマ『七人の秘書』編〜Googleマップで見られるドラマの埼玉ロケ地特集

こんにちは! モリスギ!編集部のナナです。

今日のバーチャルロケ地特集は、ドラマ『七人の秘書』です。

政治家や財界、企業のトップといった立場を利用して私利私欲にまみれた“悪党たち”を、“七人の秘書たち”が懲らしめるといった痛快なドラマ!

編集部ナナのアラフォー世代でいうと、『必殺仕事人』の現代版!?といったところでしょうか。

普段は要人に仕える秘書たち5人。そして、彼女たちをまとめあげる元秘書の2人。彼女たちの一流のマネジメント能力が結集すれば、悪党退治なんてお手のモノ!

見れば見るほどハマってしまうドラマですよ。埼玉ロケ地とともに紹介していきましょう!

ドラマ『七人の秘書』はどんな作品?

『七人の秘書』は、2020年10月22日に放送スタートしたテレビ朝日系列木曜夜21:00〜のテレビドラマです。

このドラマ枠は、『ドクターX〜外科医・大門未知子』ですっかりおなじみ。自分を持った芯のぶれないフリーランスの女性外科医の生き様は、多くの女性に大きな刺激を与えました。

脚本を担当するのは、ドクターXでも筆をとった中園ミホさん。他に『ハケンの品格』なども担当し、権力に屈せず、信念を強く持って行動する女性を描く作風にファンがとても多いです。

編集部ナナ
編集部ナナ
中園ミホさん脚本の大河ドラマ『西郷どん』のとぅま(愛加那)の強さにも、ぐっときたなあ・・・

ドラマの主人公は、タイトルと同じく“七人の秘書”。都市銀行や超一流ホテル、警察や病院のトップの秘書を務める一方で、裏の顔も。それぞれの要人に仕えることで得た膨大な情報や飛び抜けた仕事スキルを総動員して、理不尽な悪党を一掃していきます

ここで、秘書の顔ぶれをご紹介。

一時は銀座のホステスでトップまでのぼりつめた経歴を持つ、銀行の乗務秘書・望月千代(演:木村佳乃さん)。

のんびりタイプで憎めないキャラクター、千代と同じ銀行で働く頭取秘書・照井七菜(広瀬アリスさん)

男尊女卑の構造が根強い警察組織で働く、警視庁の警務部長秘書・長谷不二子(演:菜々緒さん)。

ホテルオーナーの令嬢でありながら、東京都知事の秘書をしている・風間三和(演:大島優子さん)。

母が韓国人、父が日本人のハーフでありズバ抜けた医療の知識の持ち主で「慶西大学病院」病院長秘書・朴四朗 / パク・サラン(演:シム・ウンギョンさん)

この5人を取りまとめるのが、元秘書でラーメン店を営む萬敬太郎(演:江口洋介さん)。司法書士を副業でやっており、秘書軍団の元締めとしてひっそりと活動しています。

秘書軍団のムードメーカーでありサポート役が、家政婦の鰐淵五月(演:室井滋さん)。かつては政治家の私設秘書をしていたという過去を持つものの、知られざる闇を抱えています。

この華麗なる“七人の秘書”たちが、弱者を救うため、権力という名に踊らされた悪党たちを見事なチームワークで成敗します!

見どころは、5人の秘書たちの強い信念による知的な行動とともに、コミカルな側面をたくさん挟み込んでくるところ!

くわえて、悪党を演じる俳優陣の演技がそれははらわた煮えくり返るほどに腹が立つのです!

「THE・大げさな王道の演技」を魅せてくれ、お腹がねじれるほど笑わせてくれます!秘書たちが成敗したあとの、悪党たちのあちゃー!な情けない表情。視聴者を全力で笑わせにくる俳優魂にシビれますよ。

ドラマ『七人の秘書』は、動画配信サービス「TELASA」で見逃し配信されています。

基本的に1話完結型のストーリーですので、途中からでも楽しめますよ。モヤモヤがスカっとする気持ちのいいドラマ、ぜひご覧ください。

Googleマップで『七人の秘書』埼玉ロケ地をみてみる☆

『七人の秘書』に登場した埼玉ロケ地は、入間市です。

ドラマには、秘書という対極に位置する政界のドン、財務大臣・粟田口十三(あわたぐちじゅうぞう)が登場します。

その粟田口の執務室として採用されている、格調高い雰囲気の場所なんですよ。

Googleマップ搭載、ストリートビューの使い方

Googleマップの「ストリートビュー機能」を使って、世界中の名所をめぐることができます。
使い方は簡単ですよ。

1.スマートフォンに「Google Maps」アプリをダウンロード
2.「Google Maps」アプリを開く
3.検索窓で目的地を検索
4.ヒットした地図の左下にある、反時計回りの矢印が書かれた小さな写真をタップ

この流れで、ストリートビューを楽しめます。
見たい景色を見るには、画面をスクロールしたり、拡大したりします。

地図上で見たい場所を長押しすると、赤いピンで指定されます。ストリートビューが見られる場所には小さな写真が左下に出現します。

岸部一徳さん演じる粟田口の執務する財務大臣室「旧石川組製糸西洋館」

縁の下の力持ちの秘書たちによる見事なチームプレイで、悪投たちをこらしめる勧善懲悪さが気持ちのいいドラマ『七人の秘書』。

存在感のある悪役が、“権力”という名がふさわしい財務大臣こと粟田口十三(あわたぐちじゅうぞう)。穏やかな語り口の中に人を見下したような嫌らしさを含む岸部一徳さんの絶妙な演技には、一本とられますよね!

この粟田口の職場である財務大臣室は、入間市にある「旧石川組製糸西洋館」。

大正時代創業の製糸会社「石川組製糸」の外国商人用の迎賓館として建築された洋風木造建築物です。なんと約100年前のもの、歴史的価値のある建物ですね。

一般公開もされています。2020年の公開はすでに終了していますが、2021年の予定は3月から。日程を合わせてぜひ訪れてみてくださいね!

<アクセス情報>
・施設名:旧石川組製糸西洋館
・住所:埼玉県入間市河原町13-13
・公式Webページ:「旧石川組製糸西洋館公開のお知らせ」

まとめ

ドラマ『七人の秘書』の埼玉ロケ地、入間市の「旧石川組製糸西洋館」をご紹介しました。

悪を完全成敗する7人のヒロイン&ヒーローたち。

人助けをすると“名乗るほどの者ではありません”とひっそり姿を消して、粛々と任務を遂行していきます。

社会問題を取り扱いつつも、ストーリー展開がテンポよく、気軽な気持ちで見られるドラマです!悪党をやっつけたあとは、すっきりすること間違いなしですよ!

岸部一徳さん演じる粟田口十三の暗躍っぷりはこれから。ますます目が離せません!

※参考サイト:
『七人の秘書』公式Webサイト

・動画配信サービス「TELASA」『七人の秘書』視聴はこちらから

※病院長秘書をつとめるサランを演じるシム・ウンギョンさん。
映画『新聞記者』で、日本アカデミー賞最優秀女優賞を受賞されました!
真実と正義に立ち向かうジャーナリスト役に、繊細な演技で魅了されます!
ぜひこちらの作品も堪能してくださいね。

正義とは?情報とは?映画『新聞記者』編〜Googleマップで見られる埼玉ロケ地特集



書いた人

関連記事一覧

nabe